降血圧の薬を飲み続けるリスクとは?

血圧の薬を使いはじめるときは、原則として1分類の薬を少量からですが、重症高血圧の場合は、十分血圧を下げるのが難しいので、2分類以上を用いることもあります。

最近は複数の薬を少量ずつ併用する使い方が増えています。1ヶ月後に様子をみて、血圧が十分に下がっていればそのまま続けます。降圧が不十分な場合は、増量、他の薬に変える、併用する、などで通常は2~3ヶ月以内に降圧目標を達成することを目指します。降圧薬は大きく分けて血液を拡張させて、末梢血管での抵抗を下げる薬と、全身を循環する血液量を減らす薬があります。

降血圧の薬を飲み続けるリスクとは?
高血圧の改善で病院に通っている人の中に、降血圧の薬の副作用で悩んでいる人が多くいます。病状には個人差がありますが、重い人の場合であればかなりつらいものになります。

「つらい」という理由があっても自己判断で薬を飲むことを止めれず、きちんと薬を飲まなければ血圧が危険となる数値になる可能性があります。どうしても「副作用がつらい」ということであれば、医師に相談をして薬の調整をしてもらうことがおすすめです。

降血圧の薬は、高血圧改善のためには必要な薬ですが、ただ、ずっと降血圧の薬を飲み続けれは良いというものではありません。これは降血圧の薬が一時的に血圧を下げるための薬で、高血圧を治す薬ではありません。

降血圧の薬に頼ってばかりでその他の対策を行わないと、高血圧の根本的に原因は改善されず、その他の対策というのは食事や運動、また、これまでの生活習慣を見直さなければなりません。薬以外の対策を考えなければ、薬を飲んでいる間はずっとつらい副作用に悩まされてしまいます。それだけではなく降血圧の薬を処方してもらうために、時間、金銭的な負担が大きくなってしまうでしょう。