高血圧を予防する食事療法

高血圧を改善するには、普通の食事や生活習慣の見直しが大切なことです。

まずは、高血圧にならない食生活について把握しましょう。高血圧を予防、改善する食事療法とはどういうことでしょうか?

高血圧を予防改善するには、以下の食事を御注意してください。

(1)塩分を摂りすぎない

ご存知のように、塩分の摂りすぎは血圧が上がる主な原因となります。

それで、常に減塩を意識することが大切です。ただし、無理に減塩をすると食事がストレスになる恐れがあります、

徐々に減らしていったり、味付けにバリエーションを加えるなど、工夫しながら進めてください。

(2)摂取カロリーを抑える

必要以上のカロリー摂取は、体重の増加につながります。肥満も血圧を上げる原因になります。

高血圧の人の中には、減量しただけで血圧が下がったという人もいるです。適量のカロリー摂取を心がけるようにしましょう。

(3)脂肪を控える

動物性脂肪を多くとると、コレステロールを増やしてしまいます。コレステロールが増えると、

動脈硬化や高血圧になる可能性が高まります。脂肪の量を控えるようにしてください。

(4)規律正しい食生活を心がける

毎日おなかがいっぱいで、気がつかないうちに摂取カロリーを大幅に超える可能性があります。

一日三食を、同じ時間に腹八分目で食べる習慣をつけましょう。

(5)飲酒は控えめにする

アルコールは、適量であれば問題ありませんが、毎晩のように深酒をするというのは体に良くないです。

特に、高血圧の方は、どれぐらいの量の飲酒であれば問題ないかを医師に相談してから飲んだほうがいいです。